TOP > MANA > 私について > 人生の質に影響する『個人理念』を持つと…

COLUMN

人生の質に影響する『個人理念』を持つということ。

少し前の話になりますが、こちらのクラファンに支援していました。

▶︎あなたの個人理念が屋外広告に!理念を掲げて一緒に生きる人を増やしませんか?

「個人理念」を掲げて前向きに生きていく人が増えるように願いを込めた意見広告を屋外に掲出したい」という、株式会社サインコサイン代表の加来さんが発案したプロジェクト。

私はたまたまTwitterで流れてきたのを見付けたのですが、「個人理念」という響きに惹かれ、また「個人理念を広告に掲載できる」というのが面白そうとだと思って支援させえてもらいました。

個人理念ってなんぞや?

さて、そもそも「個人理念」とは何でしょうか?

プロジェクトページの言葉を引用すると、以下のように書かれています。

「個人理念とは、その”個人”のすべての活動や選択の動機・基準」

クラウドファンディング支援ページより引用

私自身、このWEBサイトTOPに『私を生き切る、使い切る』というキャッチコピー(理念)を掲げている通り、


・自分としてどう生きるか?

・自分としてどう在るか?


というところにはとても関心があります。

今ってインフラも整ってるし、生活が急に脅かされることも基本的にはない時代なので(天災や事故、病気などで一変してしまうことはあるけれど、それでも)、大層な目的がなくたって充分満足して生きることができる時代です。

朝起きてから夜寝るまでにやらなきゃいけないことはたくさんあるし、空いた時間を楽しむための娯楽だってたくさんある。

でも、だからこそ『自分としてどう生きるのか?』『何を選び、選ばないのか?』という理念の有無は(意識して持っている持っていないに関わらず)、1人の人間の「人生の質」に影響を与えるように思います。

共創セッションプランを支援

私が支援したのは、広告内に掲載する個人理念を加来さんと一緒に共創できる「共創セッションプラン」です。

この時には既に「私を生き切る、使い切る」というキャッチコピーを掲げ、 WEBサイトの制作も水面下でガシガシ進めていた私がなぜこのプランを選んだかというと、


・加来さんとお話してみたかったから
(企業やブランドの共創を事業として行っていると知って興味を持ちました)

・個人理念をどのような手法で導いていくのかに興味があった

・第三者を通じて導かれる自分の個人理念に興味があった


という理由から。

共創セッションは10月某日に東京(加来さん)と福岡(私)繋ぐオンラインZOOMで行われました。

加来さんの質問をキッカケに、ざっくばらんな話をすること30分。

私の個人理念は以下のようにまとまりました。

自分の好きを偏愛し続ける

『自分の好きを偏愛し続ける』

共創セッションで導かれた私の個人理念です。

私をよく知っている方は多分「あぁ〜〜」と納得してくれる人も多いんじゃないかな?と思いますが、


・セーラームーン
(幼少期からずっと好き。セラムンR劇場版は全人類見るべき)

・マンガ
(少女マンガ、青春マンガを好みつつ、雑多に読む。毎日読む。LINEマンガがお友達)

・アイドル
(アイドルというものが好きで、最近はもっぱらK-POPやJO1、OWV関連グループををひたすらチェック)

・アイドルオーディション番組
(古くはASAYAN、最近はドイツ時代にたまたま試聴してどハマりしたproduceシリーズを追いかけてる。毎度泣く)

・天井
(出掛けた先で好みの天井に出会うとテンション上がる。デザインというより構造的な萌え)

などなど、好きなものに対する関心の高さが人一倍高く(挙げ出したらキリがないのでここには代表的なものだけに留めます)、自分独自の視点を元に好きなものを語り出したら一向に止まらず、相手が興味を持ってくれたが最後、布教活動待ったなしの私。

好きというより、それはもはや偏愛の領域。

基本的に好きなものしか好きではなく、その好きなものは(好きレベルはものによって違いながらも)無数にあって、毎日何かと堪能しながら幸せに生きているので、我ながら良い御身分かつ良い人生だなぁと思います。

なので、この個人理念は自分的にもとてもしっくり来ています。

「私を生き切る、使い切る」との関連性

……となると、WEBサイトでも掲げている「私を生き切る、使い切る」はどうなるの?という話なんですけど、どちらの理念も私の中でちゃんと不整合なく両立しています。

(というか、両立するからこそしっくり来てるわけなのですが)

『自分の好きを偏愛し続ける』

この「好き」には私の好きなものがそりゃもうたっくさん含まれているのですが、その好きなものには「自分」のことも含まれています。

なんなら私にとって圧倒的ナンバーワンで好きなのは「自分自身」なので、好きを偏愛し続けるということは、イコール自分を偏愛し続けることと同じにもなります。

自分を偏愛しているからこそ、他の誰でもない自分としての人生を最上で最高のものにするために、「私を生き切る、使い切る」ことが大切になる。

逆も然りで、「私を生き切る、使い切る」という理念があるからこそ、その自分が日々当たり前に行っている「好きを偏愛し続ける」ことは、私にとって大切な物事になるわけですね。

(ちょっと分かりにくいかもしれませんが)

東急東横線・渋谷駅に掲載!

そんなわけで、共創セッションで生まれた私の個人理念。

実は先日、他の支援者の皆さんの理念と一緒に広告掲載されました!(11月2日〜8日:東急東横線・渋谷駅にて)

広告、かわいい!!!大きい!!!

(写真に写っているのは加来さんです。私は期間中福岡で直接見に行けなかったので、加来さんがTwitterでUPしていたお写真をお借りしました)(ご本人了承済みです)

 

(さてどこにある?)
(ここにあった〜!!)

こう改めて見てみると、自分の個人理念が駅広告の一部となって掲載されているのは、何とも不思議な感じがします。

広告には他にも47名の方の個人理念が掲載され、1つ1つにその方それぞれの想いや背景があるんだぁと思うと、本当にステキな広告だなぁと思います。

スペシャルな体験をさせてくださった加来さんはじめ、プロジェクトの関係者の皆さま、本当にありがとうございました!(そしてお疲れ様でした!)

ーーー個人理念は、人生の羅針盤。

直接広告を見ることができなかったのは残念でしたが、今回新しく生まれた個人理念『自分の好きを偏愛し続ける』を人生指針に新たに加え、

『私を生き切る、使い切る』
『自分の好きを偏愛し続ける』

これからも好きなものを人生の中心に据えながら、自分の人生を最高に楽しく生きていこうと思います♪

 

<関連POST>

▶︎【まとめ】MANA公式WEBサイトへの反響。
▶︎公式WEBサイトをリリースしました。(というご報告)

MANAのメルマガ「世界を少し広げる話」
<会社経営しています>

EXSENSEはリブランディングが得意なプロデュース会社です。