発信を続けたから、今わたしはここにいる。


 

昨日は帰ってきてから、
そのままメイクを落とすこともなく
ベッドにダイブ。

今朝まで1度も目覚めることなく
10時間を眠りの世界で過ごしていました。

起きて思ったのは、
昨日は本当に自分を使い切ってたんだなぁって、
スゴイなぁ頑張ったなぁっていうこと。

これは、良い頑張りだ。

日曜日の昨日は、
サウンドクリエーター
鈴木美夏さん(@SoundMika)主催の
ソーシャル勉強会に登壇しました。

▼告知記事はこちら
ソーシャル難民によるソーシャル難民のためのソーシャルメディア勉強会

普段こういった講師活動は、
わたしのブログを読んで
「会いたいな」「話を聞きたいな」と
わたしの元を訪れてくれた方に向けて
行なっているので、

わたしの事を知らない人に向けて
講師をするというのは、
わたしにとって未知・・・
ではないけどやけに久し振りで、
感覚として遠いものになっていたので、
前日から超緊張していたのは言うまでもありません。

開場は10時45分なのに、
何を思ったか10時に最寄駅に着く。

ソワソワである。落ち着け!


(でも時間があったお陰で
近くのカフェで朝ごはんを食べれたから良しとしよう)

そんなわけで、講義について。

今回、講師トークセッションの
ファシリテーターを任せて頂きましたが、
最初にお話をして下さったスイーツ王子Ruiさん
次いでCRAZY KITCHEN創業者の平川ショーンさん、
それぞれのお話がそのままもう
出来上がっているものだったので、
ファシリテートの必要性は特に必要ありませんでした(笑)

お二人のお話は、
一個人のブランディング発信、
チームや組織での発信など
実例が複数取り上げられてのシェアで、
隣で聞いていても勉強になることばかり。

なので、それらを受けてわたしからは、
主に「これから発信をしたい」という
発信ビギナーの方に向けて、
「発信したい!やるぞ!」と
その想いにハッパをかけることと、
「これならできる!」と
今の手持ちからスタートすることができる
≪最初のハードル≫を下げるお話をさせて頂きました。

この写真では座っていますが、
トークの途中に突如立ち上がるわたし。

なんでかっていうと、
座ったままだと緊張が凄くて
足が小刻みに震えていたからです。笑

うまく隠した(?)つもりだったのに
「めっちゃ震えてたよね。笑」
と、隣に座っていたショーンさんにはバレバレでした。

おはずかしや。


(そんなわたしとは裏腹に
終始落ち着いていたショーンさん。・・・流石です!)

そんな感じで、あっという間の3時間。

提供側のわたしとしては、
何をどれだけ伝えたとしても
何がどれだけ伝わったか?は、
推し量ることしかできません。

けれど昨日は
トークセッション後の交流会で

「自分も好きなことで発信しようと思いました」

って、参加された1人の男性が
わたしにそうやって伝えて下さったこと、
終わった後も何人かの方がわたしの所に来て
ご自身の今後についての表明をして下さったこと。

そうやってダイレクトに
反応を感じられる機会もあり、
こうやってお話できて良かったなと思いました。


書くことが好き。

書くことで、わたしの世界は
世の中的にはそんな大きくなくても
わたし基準で、大きく広がりました。

それは現在進行形で続いていて、
だから昨日もこうして出会えた人たちがいるし、
そういう素敵なことがあるからこそ、
これから先も「発信」は
わたしの人生と共にあるのだと思います。

(更新がないと、生存を心配されるレベルです。笑)

書くって、とっても素敵なことだ!

最後に、ご紹介。

 

 

 

 

 

 

今回ご一緒させて頂いた
スイーツ王子Ruiさん(@Fami_Rui
▶︎webサイト:スイーツ王子の甘い誘惑 世界を旅する着物男子
CRAZY KITCHEN創業者の平川ショーンさん
▶︎webサイト:CRAZY KITCHEN-オーダーメイドケータリング-


イベントを企画、
講師の機会をお声掛け下さった
サウンドクリエーターの鈴木美夏さん(@SoundMika
▶︎webサイト:鈴木美夏/Contemporary Life

カメラマンの矢野さん(@takumiYANO_
サポートの伊藤さん、出原さん、
会場協力をして下さった
勉強ラウンジ@benkyo_lounge)さん。

そして、日曜日にも関わらず
会場に足を運んで下さった参加者の方々、
そんなたくさんの方々の存在があって
作り上げられた勉強会。

皆さん、昨日は本当にありがとうございました!

またお会いできる機会を、楽しみにしております^^

関連記事

プレゼントをもらうとしたら、日常に参加できるものがいい。

フリーランス秘書の陰ながら重要なお仕事とは。

フリーランスの人たちがヘルシーに働ける世の中に。

互いをリスペクトした働き。PR塾10期最終回でした。

もっともっと良くするための、 最高のバトンパスをしていきたい。

業務過多になった時は、とりあえず紙に書き出してみると8割方解決する。