具体的な言葉や想いは、いつだって目の前のリアルな人のために。


 

まなです。

img_7595

何か伝えたい・届けたいメッセージがある時。

相手に対して具体的な言葉にすることで、
そのメッセージには力や光が宿る。

けれど、具体的な言葉に表すことで
力も光も宿るからこそ、
その言葉の影響は強くなり、
誰かの・何かの可能性を奪うことがある。

そう思ったら
自分にとって大事なことほど、
伝えたいことほど
明確な言葉にはできなくなって、
抽象的な言葉にせざるを得なくなる。

そうすると当然のように、
届けたい人に届けたいことが
どうしたって届きにくくなってしまって、

「分かりやすい言葉を用いる」
「それが正解だと、強い断定の言葉を用いる」

メッセージの陰に埋もれてしまったり、
その他の浅い言葉と
混同されてしまったりすることもあって、
そこにもどかしさを感じていた。

具体的なことは、
書こうと思えばきっといくらでも書ける。

だけど私の中では、
少なくとも「私がそれをする」のは
誠実でなく真摯でない。

だってこの世の中には、
一般的な考え方や常識はあっても
「これが正解」と言えるものは
人の数だけ存在しているし、
同じ物事であっても同じ人であっても
時とタイミング、その人の状態によって
何が正解になるかは分からない。

そもそも正解なんて、
それが正解だと思い込むことはできても、
真実・誰にも分からない。

ということを、私は常に思っている。

いつだって一般論よりも
「個人」を尊重したいと思っている。

 

だからそれだけ
「自分が何を口にするのか?」
「自分が何を文字にするのか?」
ということには
少なからずの責任感を持っていて、
だからこうしたブログ記事の
1つ1つも真剣に考えている。

だから時に悩む。

自分がとても大切にしていること、
本当に伝えていきたいことを
言葉にする時には、
「馬鹿か?」ってぐらい
何をどう言葉にするかに思い悩む。

当たり前に時間はかかるし、
何度も書き直すことだってあるし、
結局書き切れずに
お蔵入りすることもある。

 

「具体的な言葉に書き表せない」

というのは、
自分の中ではもどかしいことだった。

でも、譲れないことでもあった。

強情だなとも思うし、
自分面倒臭いなとも思うし、
単に甘えや逃げや怠けを
すり替えているだけなのかもしれないとも
思い悩んでいた。

でも今日人と話している中で、
別にこれで良いんだなって思えた。

 

もちろん伝えることを
伝わるように伝える努力は
いつだってやっていく。

だけど広く言葉にしていく中で
抽象度が上がってしまうことは、
もうそれはそれとして良いのだと割り切る。

「その人のためだけの」
私が持つ具体的な言葉たちは、

ーーーーー私にとってリアルである、
そんな中でも会いに来てくれる人、
私に話を聞いてもらいたいと思ってくれる人、
私の話を聞きたいと思ってくれる人に対して

いつでも、
目の前のただ1人のために使っていこう。

 

そんなつぶやき。

関連記事

私たちが日々重ねる行動は、「当たり前の未来」を作るためのもの。

初めてのワークアウトで超絶筋肉痛になった話。

できるしやれるのに、できないしやれない。そんな時はただ休む。誰(自分)が何を言っ...

「突き抜ける」のは「この道」。人と比べてどうこうじゃない。

ベストセラー書籍を誕生させてきた凄腕編集長!サンマーク出版 高橋朋宏さんのセミナ...

自分時間と好きなもの摂取が明日の私の活力をつくる。