何をしたいか分からないなら、何がやりたいか分からないなら、まずは「発信」をしてみたらどうだろう?


 

0027_xlarge

何かをしたいけど、
何をしたらいいのか分からない。
自分が何をやりたいのか分からない。

そんな風に思う人は、
まずは「発信」から始めてみたらどうだろう。

書くことは何でも良くて、

  • 今日食べたランチでも
  • お買い物したものでも
  • コーディネートでも
  • ヘアスタイルでも
  • 友達とのおしゃべりでも
  • 彼氏とのデートでも
  • お仕事のことでも
  • 大好きなアイドルのことでも
  • 没頭している趣味のことでも
  • 興味関心のあるニュースについてでも
  • 小説でもポエムでも
  • 何かの作品でも
  • ふと思い浮かんだことでも

「自分が書けることを」
友達や家族に話して聞かせるみたいに、
教えるみたいに、説明するみたいに、
少しだけ広い世の中に向けて、
発信・発表してみたらどうだろう。

 

誰にも何も伝わらないかもしれない、
でも、誰かに何かが伝わるかもしれない。

「発信」にはそんな素敵な可能性があって、
だけど最初は別に、誰に何が伝わらなくても全然いい。

ブログ、Facebook、ツイッター、Instagram、
発信ができる無料のメディアは
今の時代、有難いことにいくらでもある。

だから、何をしたらいいか分からないのなら、
何がやりたいか分からないのなら、
まずは何でもいいから「発信」をしてみよう。

誰かに何かが伝わるように。

いつの日か、
やりたいことが見つかった時に
誰かに何かを伝えられる。届けられる。

そんな自分になるために。

関連記事

具体的な言葉や想いは、いつだって目の前のリアルな人のために。

静岡県のおふろcafe「bijinyu」の不感温浴がとても気持ち良かった。

業務過多になった時は、とりあえず紙に書き出してみると8割方解決する。

いつだってたくさんの手が、自分に向けて伸ばされている。あとは自分がその手を取るだ...

朝2時間の集中が1日の充実度を格段に高める話。

初めてのワークアウトで超絶筋肉痛になった話。