TOP > LIFESTYLE > 日記 > 贈り物に込められたもの。

COLUMN

贈り物に込められたもの。

見て見て〜〜!とってもステキなお花をプレゼントしてもらいました♡

九州に引っ越してきた知り合い(以前から仲良くさせてもらってる&前にお仕事もご一緒した方)とランチをした時に、「2020年の色んなお祝いに」っていただいたお花です。

秋らしい深みのある赤やオレンジ。

少し前にも友人から会社設立祝いのお花が届いてたこともあって、最近の我が家はお花がたくさんで華やいでいます。(お花ってあるといいなって思いながら自分たちでは中々買わないもの。だからこうしていただけるの、とても嬉しい!)

お祝い事の多い2020年。

まだ2ヶ月残していますが(そしてその2ヶ月の間に「誕生日」という大きなお祝いを控えてもいますが)、改めて振り返ってみると2020年はお祝いごとの多い1年でした。

  • ・新居へのお引っ越し
  • ・会社設立(株式会社EXSENSE
  • ・エモロジBOOKリリース
  • ・WEBサイトリリース

などなど、代表的なものでもこれだけあるから自分でも驚き!

……なーんて書きながら、実は自分としては2020年は全然まだまだ動けてない(というか動くための準備をたくさんしてる)1年と思ってました。

というか、現在進行形で思ってます。

なんていうかね、確かに色々とやって来てはいるんだけど1つ1つのプロジェクトは実現したい未来へのプロセスでしかないって思ってる節があって、「まだまだ全然足りてない」って気持ちが自分としてはとても強い。

(なので自分ではこれらについて自分を労ることもあんまりしてないし、なんなら「もっと早く!もっと急げ!!まだまだこんなもんじゃないだろ!!!もっといけ!!!!」みたいに、めちゃくちゃ自分を鼓舞してる。爆

それはそれで大事なことなので全然良いんだけど、でもだからこそこんな風に周りの人たちがお祝いしてくれたり労ってくれるのって、そりゃもうありがたいことなんですよね。

自分が取りこぼした自分への労いを拾ってくれる感じというか、

「お祝いすることがたくさんあるから、全部への気持ちを込めて贈りますね」

って、まずもうその気持ちが嬉しすぎるし、その気持ちが言葉や花束という形で表現されて伝え届けてもらえることがまた嬉しくて、じんわりあったかい(その人たちの)気持ちに包まれます。

プレゼントしてもらったもの(の一部)

以前に会社設立祝いでいただいたワインとペアグラス。
PMSの緩和にと贈っていただいたハーブティー。

(本当は贈っていただいたプレゼントを1つ1つ紹介したいんだけど、数がたくさんになっちゃうから泣く泣く一部のみ……涙)(でもこれからは小まめにブログで紹介していけるから、それは嬉しい)

贈り物の価値

贈られる品々を手に取り眺めていると、贈り物の価値はその品そのものだけではなく、贈ってくださった気持ちだけでもなく、その品を通して伝わってくるその人のセンスや価値観、その人から見た「私」といった「見えないもの」にもあるなぁとしみじみ感じます。

意図のあるなしに関わらず、そこに込められるものってあまりにも多い。

贈り物は、日常に彩りや華やぎ、少しの(時には大きく永続的な)非日常を呼び込み、また時に新しい発見をもたらしてくれて、私を、日々を、楽しませてくれるもの。

だから私は何か物を贈られるのが好きで、その贈り物を通じてその人を感じたり、その人から見た「私」を感じることが、とてもとても好きなんだろうなぁ。 

……って、ここまで書いて、いつの間にか最初「プレゼント」って書いてたのが「贈り物」になってたことに気が付きました。

でも本当、それぐらいのものなんだよね。(いつもありがとうございます!)

 

<関連POST>

▶︎1111マーケ戦略に踊らされる日。
▶︎【まとめ】MANA公式WEBサイトへの反響。

MANAのメルマガ「世界を少し広げる話」