フリーランス仲間が集う「黙々フリーランスの会」とは。


 

都内在住のフリーランス秘書
まな(@manalog29)です。

1週間半ぐらい前からかな?

フリーランス仲間の
ヨハクさん(@ac__co)の
こちらの発言をキッカケに、

2人で「黙々フリーランスの会」という
Facebookグループを立ち上げました。

>>ヨハクさんとは前に静岡のおふろcafeで黙々一緒にお仕事もしました。

黙々フリーランスの会とは?

黙々フリーランスの会とは文字通り
「日々、黙々と働くフリーランス」が集う
それぞれのタスクとモチベーションを
管理するためのグループです。

基本は1日1人1投稿。

  1. 朝や仕事始めに今日のTO DOを投稿して
  2. 日中は仕事に励み
  3. 1日の終わりにTO DOを振り返り
    完了タスクと未完タスクをチェックする

という3ステップの
至ってシンプルな取り組みで、
特にグループ内でメンバー交流があるわけでも
お互いの投稿に「いいね!」やコメントを
付けることもありません。

黙々フリーランスの会の2つの効果

https://twitter.com/ac__co/status/957626122128117761

先にも書いた通り、

自分だけの取り組み(タスク管理)を
誰かが見てるところ、
だけど誰かも行なっているところで
淡々とやる。

それによって
モチベーションの維持や管理を
<それぞれが自分自身で行う>
ことを目的としているので、

本当に淡々としていて無機質、
盛り上がりとかは一切ないグループです(笑)

でも、このグループを立ち上げたことで
いくつかの効果を感じることができています。

人の目があることによる<緊張感>で仕事が捗る

フリーランスって基本1人で仕事をするので、
特に内勤が多いと
自分自身のマネジメントを
全部まるっと自分でやらなきゃいけなくて。

サボるとかまではいかなくても
何となく気持ちがゆるんじゃう事もあって
作業効率が落ちるってことは
珍しい事じゃありません。

でも、黙々フリーランスの会に参加したことで

  • 自分の抱えているTO DOが可視化され
  • 他の人の稼働も何となく見ることが出来るので
  • そして自分も稼働を後で更新しなきゃいけないので
  • 自分もやらなきゃという気持ちになる

でも、
ガチガチに監視されてるわけじゃなくて
あくまでメンバーは
自分の仕事に関しては
基本無関心で無責任な人たちなので、
緊張感といっても強張るような感じではなくて
背筋がスッと伸びる感じ。

ゆるすぎずキツすぎずな縛りなので、
仕事で発揮するパフォーマンスも
上がっている気がします。

1人だけど独りじゃない<安心感>が仕事の励みになる

また、黙々フリーランスの会で
人が投稿しているのを見ると、
「独りじゃない」という安心感があります。

ほら、フリーランスって
基本的には1人で孤独じゃないですか。

なのでちょっと調子崩したりすると

  • 何で私こんな働いてるんだっけ・・
  • 最近仕事しかしてなくない?
  • これでいいの?私の人生・・

なんて、ちょっとした不調が
いきなり壮大な人生の悩みを生み出しちゃったり
被害妄想を大爆発させちゃったりするんですけど

(あれ、私だけ?)

黙々フリーランスの会を見ると
みんな自分と同じように働いているし、
少なくともここにいる人たちは
日々仕事する自分を見ていてくれていて、
ただ普通に認めてくれている。

褒められたいワケじゃないけど
ただ知っててもらえてる安心感って
あるなぁって感じました。

黙々フリーランスの会の今とこれから

発足の翌日、
同じくフリーランス仲間の
まいち(@maichi6s)も参加して、
今は3人で毎日淡々と
誰が何を言わなくても
だけど誰もがやっているから
ひっそりと確実にそれぞれが稼働しています。

今このメンバーでうまくいってるのは

  • お互い知った仲
  • でも仕事では直接関係してない
  • それぞれのクライアントにも関係してない
  • 人の仕事にさほど興味を抱かない
  • 基本は一人で黙々やりたい
  • でも一人だとモチベ管理が心配
  • いい距離感なら人との作業も好き

というところが共通してるからなので
今のところ広く参加者を募る予定は
特にありません。

が、気心知れた人なら
誰かしらが勝手にスカウトする可能性は
無きにしも非ず。

その際にはご参加下さると、
何かしらの良い影響がプラスされるかもしれません^^

 

*まなのツイッターはこちらです

関連記事

ベストセラー書籍を誕生させてきた凄腕編集長!サンマーク出版 高橋朋宏さんのセミナ...

発信を続けたから、今わたしはここにいる。

互いをリスペクトした働き。PR塾10期最終回でした。

業務過多になった時は、とりあえず紙に書き出してみると8割方解決する。

ナチュラルな気配りが、素敵だなぁと思う話。

未知に触れる場所。学び、思考し、自然と実践につながる場所。