フリーランス秘書の陰ながら重要なお仕事とは。


 

フリーランス秘書という肩書きで
お仕事をしている私ですが、
フリーランス秘書の役割は
大きく分けて2つあると思っています。

>>フリーランス秘書のざっくりな解説は、プロフィールも参照のこと。

フリーランス秘書の担う<バランサー>の役割

1つは、トップと呼ばれる
経営者やリーダーが
開拓した後の道を綺麗に舗装して、

後に続いていくスタッフやメンバーが
同じ道をスムーズに
歩いていけるようにすること。

そしてもう1つは、
トップがこれから
開拓しようとする所にある障害物を
可能な限り取り除くこと。

できれば、
それがあったことすら
気付かれないレベルで。

 

フリーランス秘書は

「何これ楽勝すぎない?」

って、
みんなが気持ち良く進んでいけるために
意識を向け続けることが大切で、

  • 必要なものの準備
  • 不要なものの排除

といったことを
基本、水面下で行っていくことを
メインの仕事としています。

実稼働もするのだけど、
<バランサー>的な立ち位置で
全体を見るのが、
何より重要な仕事だと思っています。

 

<問題が起きないようにする>のがバランサーの仕事

バランサーというポジションは
決して派手なことをするわけじゃないし、

<問題が起きないようにするのが仕事>

なので、
正直、何をしているのか
イマイチ分かりにくい役割で、

「いてもいなくても同じなんじゃ?」
「そんな事よりも、手を動かしてよ」

なんて思われたり
言われたりしまうことも、
実際の所、よくあります。

なので私も、
ライティングとか資料作成とか
<目に見える成果物を出す>仕事も
多く担当しています。

 

なのですが。

先に書いた通り、
私はバランサーという

実はいなくなると
内部から崩れるってことも
起こりかねない

割と重要な役割を
陰ながら担っていたりするので、

実稼働も、もちろんしますが、
そちらにばかり
リソースを取ってしまうと

  • 全体把握が出来なくなって
  • バランスを取る事が難しくなって
  • どこかに歪みが生じやすくなる

ので、そこのところは
全体のために、少しだけ
主張しておきたかったりもします。

 

バランサーの仕事は成果が見えない、でもそれでいい

そんなわけで。

表に出ない認識されない仕事は
実は陰で多くやっているのだけど、

<意外とその成果を認識されない>

ことが、
フリーランス秘書には多々あります。

なのですが、
成果が認識されるということは
それ以前に何かしらの問題が
表面化されているという事なので、

自分が評価されるよりもむしろ、
会社や組織のためには、
そちらの方を積極的に避けたい。

経営者であれスタッフであれ、
みんなが動きやすく
問題が起きないことが1番だと思うので、
活動するための環境整備が
何よりも大事だと思って動いています。

 

「もっと自分の成果を
主張してもいいんじゃない?」

と言われることもありますが、

それをしたら
私(フリーランス秘書)の仕事は
成り立たなくなるし、
私(フリーランス秘書)がいる
意味もなくなると思うので、

これからも
バランサー的な役割に関しては、
目立たないところで、目立たないままに、
引き続き暗躍していく所存です。

今日もお疲れ様でした!

関連記事

何でもない日を一緒に過ごせる人がいるのが、私にとっての1つの幸せ。

「突き抜ける」のは「この道」。人と比べてどうこうじゃない。

感情に揺らされる時は「なぜそう感じるのか?」大元の理由を探ってみる。

発信を続けたから、今わたしはここにいる。

具体的な言葉や想いは、いつだって目の前のリアルな人のために。

気になる渡航先は?4月ドイツが目標です。