プレゼントをもらうとしたら、日常に参加できるものがいい。


 

基本的に、
本当に欲しいと思ったものは
自分で選んで自分で決めて、
自分のお金で買うタイプ。

なので、誕生日やクリスマス、
その他お祝い事がある時に

「プレゼント何が欲しい?」

って聞かれると、

「・・何だろう?」

ってなりやすい。

ざっくりのガイドラインとして

  • 実用的でオシャレな物
  • 自分じゃ買わない物
  • 欲しいと思いつつ決め手に欠けてる物

だと嬉しいかなって思うけど、

でもそれも別に絶対じゃないから、
ここから外れていたとしても、
正直あまり気にしなくて。

それよりも

「プレゼントしてもらえる」こと、
「私のために気持ちと時間をかけてくれた」こと

が嬉しいなと思うから、
「何をもらうか?」ということは、
全然、大した問題じゃなかったりする。


とは言ったものの、
好きな人からのプレゼントとなると
話はちょっと変わってくる。

もちろん何をもらっても
基本的には嬉しいんだけど、
特に嬉しいなと思うのが

  • 日常的に使える物
  • 身に付けられる物

の2つ。

これだと
もらって終わりじゃなくて、
プレゼントたちを
自分の日常に参加させることが出来るから、

気持ちだけじゃなく
その後の日々にも活かせるものを、
もらえるといいなぁって思ったりする。


そんなわけで、
今年もらった(選んだ)
クリスマスプレゼントたちは、
お家で使う可愛い物たち。

  • めっちゃ肌触りの良い膝掛け
  • あったか茶を飲むためのマグカップ
  • もふもふのルームシューズ

普通に可愛くてお気に入りで、
自分の日常に参加できる子達なのだけど、
実はこれ、「彼宅で使う用に買った」っていうのが
私的に喜びポイントがめっちゃ高くて!

自分じゃなくて、
相手の日常、生活空間に、
自分専用のものがあるという喜び。

「そんなこと?」
と思う人もいるかもしれないけど、

私自身が
自分の空間をめっちゃ大事にする人で、
そうやすやすと
人のものを入れない人だから、

「相手の空間に
自分のものを置いてもらえる」

ということは、
かなり、かなり嬉しいことだったりします。


彼宅で飲む用の
あったかドリンクも一緒に買って、

彼宅ライフがより快適なものになりそな予感。

ちなみに
クリスマス当日の本日は、
普通にがっつりお仕事です!

関連記事

ベストセラー書籍を誕生させてきた凄腕編集長!サンマーク出版 高橋朋宏さんのセミナ...

何をしたいか分からないなら、何がやりたいか分からないなら、まずは「発信」をしてみ...

「病める時も健やかなる時も」の難しさと、振れ幅で違うのが普通の自分。

「突き抜ける」のは「この道」。人と比べてどうこうじゃない。

日々に余白を持つ、フリーランスの働き方。

私たちが日々重ねる行動は、「当たり前の未来」を作るためのもの。