ベストセラー書籍を誕生させてきた凄腕編集長!サンマーク出版 高橋朋宏さんのセミナーサポートの裏側。


 

先日、事業ジョインさせて頂いている
ikunoPR株式会社のお仕事で
御茶ノ水のセミナールームに出掛けてきました。


セミナー運営(スタッフ)のお仕事です。

この日はikunoPR主催で
「サンマーク出版 高橋朋宏編集長」による、
クローズドな出版セミナーが開催!

現地参加と
後日動画配信でのオンライン参加、
合わせて50名の
起業家、経営者の方々が参加されました。


今回登壇いただいた
高橋朋宏編集長、通称タカトモさん

今、ベストセラー書籍を
もっとも輩出するサンマーク出版で、
多くのヒット作品を誕生させてきた
<名物編集長>さん。

あの本も、この本も!

などなど、手がけた本は数知れず。

中でも、シリーズ850万部突破!
世界的ベストセラーとなった
こんまりさん、こと、近藤麻里恵さんの
人生がときめく片づけの魔法」は
読んだことがある方も多いのでは??

さて、そんなタカトモさんセミナー。


スタッフとして参加していた私は、
会場の後ろで人知れず緊張・・・

ていうか、
マジでプレッシャーを
感じていました。

なんでかっていうと、
冒頭にも書きましたがこのセミナー、
「オンライン配信」があったんですね。

ということは、
動画を、撮影、
せねば、ならない!!!

これがもう、本当胃が痛くて(笑)。

だってセミナーのライブ動画撮影って
これマジで一発勝負で
起きたら困るトラブルを挙げたら
キリがないぐらいで、

  • 動画回ってなかったとか
  • 途中でバッテリー切れたとか
  • WiFiが途切れたとか
  • 音声入ってなかったとか
  • 保存できてなかったとか
  • データ破損したとか

えとせとらえとせとら・・・。

お願いだから何事もなく
無事に撮影保存されててくれ!!と、
祈り拝みながら
何度も撮影カメラを確認してしまうぐらいには
とにかく気が張ります。

終わってデータが確認できるまでは、
本当、気が抜けません。

(でも何かあったら怖すぎて
確認する行為自体が怖いっていうね!!)

あ、でも今回お陰様で
無事に撮れてました。よかった。


↑リスクテイクとして
家から撮影用iPhoneとMy三脚を
わざわざ持参して
二個撮りするぐらいには
プレッシャー感じてたやつ。

セミナーは

  • 本は何のために出版するのか?
  • 著者になれる”HUK”な人
  • 編集者に嫌われるNG行動
  • 押さえておくといい、編集者の習性とは?

などなど、中々聞くことができない
業界事情や編集者ならではの裏話など
貴重なお話がたくさん!!

なのだけど、正直、
私はそれどころじゃなく(笑)。

ikunoPR代表 笹木郁乃社長とタカトモさんの
楽しそうなコラボトークの最中も、
私は気配を消しつつ、動画と写真の撮影を
黙々と、粛々と行っておりました。

この日(当日)の私のお仕事としましては、

  • 会場の準備、後片付け
  • オンライン配信用の
    動画撮影準備、撮影、データアップロード
  • 受付、遅刻者対応
  • セミナー風景の写真撮影
  • 会場の空調、明るさなどの調整
  • セミナー後のタカトモさん
    出版相談ブースの進行管理(剥がしw)
  • タカトモさん2ショット撮影対応
  • Facebookに簡易レポートアップ

などなど。

とにかく当日は
会場をウロチョロしては
色々とやっていた感じです。

で、今書き出してて思ったけど、
私、会場BGM流すの忘れてたわ〜〜
っていうか、途中で気付いてたけど、
自然に滑り込ませる余地がなくて
そのままにしました。

結果的にBGMなくても大丈夫だったけど、
これはひとえに
<動画撮影に気を取られすぎた結果>
なので、個人的に反省です。

↑タカトモさん出版相談ブースの様子。

タカトモさん出版相談ブースでは、
皆さん出版企画書を持参して
積極的にアドバイスを受けていました。

中には熱が入りすぎて
持ち時間足りない〜〜という方もいましたが、
そこはもう、剥がさせて頂きまして(笑)。

惜しむ気持ちもあったかと思いますが、
スムーズな進行にご協力頂きまして、
本当にありがとうございます。

最後に、みんなでパチリ。

左から、

  • サンマーク出版編集者の桑島暁子さん
  • ikunoPR代表の笹木郁乃さん(ブログ
  • サンマーク出版編集長の高橋朋宏さん(@takatomo1
  • ikunoPRスタッフとして参加した私、高西愛美(@manalog29

手に持っているのは
サンマーク出版さんから
12月27日に発売する

82歳の現役美容研究家、
小林照子先生の著作
「これはしない、あれはする」

照子先生の82年の人生で体験した
様々な経験や体験から導き出された、
とてもシンプルで、けれどとても大切な、
「人生100年時代を生きるヒント」
がまとめられた一冊です。

編集は、タカトモ編集長♪


本の感想は
また改めて書かせて頂くとして。

今回個人的に
とっっっっっても嬉しかったのが、
お礼のメッセージをお送りした後に
タカトモさんからから頂いた、この言葉でした。

本日は運営をバックで支えてくださって、
本当にありがとうございました。
仕事師だなあと思いました。
郁乃さんがのびのびと仕事ができるのは
高西さんの存在があったからなんですね。

・・・・・・。

わぁぁぁぁ、もぉっ!!
嬉しすぎるぅぅぅぅぅぅ!!!

サポート側の人間からしたら、
その場の主役となって動かれる方に
喜んでもらったり
感謝してもらえたりするのって、
本当それだけで、1つのご褒美なんですね。

だからこんな風に言って頂けると、
サポートさせて頂いて
こちらこそありがとうございます
って心から思うし、
また何か力になれたらって本当に思います。

こういう「言葉掛け」を
大切にして下さるタカトモさんだからこそ、
多くの著者さん、編集者さんたちからの
支持も厚いんだろうなぁと
しみじみ思いました。うれしかった・・。

一緒にお仕事させて頂いている
ikunoPRの郁乃社長からも

今日は本当お疲れ様です〜〜〜!!
超ナイスアシストでした^^

なんて、メッセ頂けて。
(やり取りがフランクなのは、
今日までに築いてきた関係性ゆえです♪)

ますます頑張ろうって思った1日でした。

 

最後になりましたが、
ご参加の皆さん、
寒空の中、会場まで足を運んで頂き
ありがとうございました。

そしてタカトモさん、
桑島さん、主催の郁乃社長、
1日お疲れ様でした&
素敵なお仕事の機会を
本当にありがとうございました*

関連記事

まな

「前向きごっこ」の「マインド信仰」に陥ってはいませんか?

できるしやれるのに、できないしやれない。そんな時はただ休む。誰(自分)が何を言っ...

何でもない日を一緒に過ごせる人がいるのが、私にとっての1つの幸せ。

2017年の振り返り。2018年もどうぞよろしくお願いします。

あなたは何が食べたい?「映画の食事会」で夢のジブリ飯を食べてきた!

日々に余白を持つ、フリーランスの働き方。