業務過多になった時は、とりあえず紙に書き出してみると8割方解決する。


 

どうにも冴えない時ってありませんか?

ありますよね?
あるって言って・・・!

というわけで、
金曜日あたりから
何となく悶々としていて、
とても冴えない感じがありました。

原因は明白で
キャパオーバーなんですけどね。

結構器用そうに見られるのですが、
実のところあまり器用なタイプではないので
考えること(それも色んな角度から)が多くなると
途端にわーーーーーーーってなります。

不安感で胸がざわざわして、
なんか泣きそうになって
なんなら泣くんですけど、
それで昨日本当に泣き出して
彼をオロオロさせる事になったんですが←

泣いたって現実が変わるわけではないので
とりあえず落ち着いた翌日の今日、
今抱えている色んなものを
紙に書き出してみることにしました。

用意するのは紙とペン。

紙はその辺にある裏紙で全然良くて、
ペンもその辺に転がってるボールペンでOK。

今回は仕事がちょっと重なってしまって
自分の中で大変なことになっていたので、
まずは手持ちの仕事を全部書き出してみます。

私はフリーランス秘書として
複数の会社さんからお仕事をいただいているので、
会社ごとに業務を書き出して、
できる人は業務ごとにタスクを細分化してみる。
(私は今回はそこまではやらない)

とりあえずわーーーーっと書いてみると、
その最中からもう何となく見えてくるものがあって、
見えてきたものを元にまた更に書き出していきます。

今回の私の場合だと、
大変だったり不安に感じたりってなってるのは
数ある仕事の中の「一部」だってことがまず分かって、

  • どの会社の仕事が大変なのか?
  • どの業務が大変なのか?
  • 何が大変なのか?
  • 何で大変なのか?
  • どうだったら大変じゃなくなるのか?

みたいなことが
紐解くように明らかになっていって、
どんどん言語化されていきます。

それで今回も
「あーーーーーーーだからかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ってなって、
自分の中で何がネックだったのか?
っていうのがひと通り分かって
とりあえずスッキリしました。

とりあえず、っていうのは
紙に書き出して整理できたからっていって、
現実にはまだ何も解決していないから。

むしろ大事なのは
ここから「この現実をどう変えるか?」なので、
なんかうまいこと対処していこうと思います。

(一気にざっくりな表現になったなオイ)

 

ともあれ、紙に
この紙に書き出すという方法は
私的にはとてもオススメなので、
いっぱいいっぱいになりがちな人は
是非やってみると良いのではないかなと思います。

※友達のぼりさん(@bolirog)も
RTでこんな事を言ってくれてたよ!

関連記事

朝2時間の集中が1日の充実度を格段に高める話。

フリーランス秘書の陰ながら重要なお仕事とは。

プレゼントをもらうとしたら、日常に参加できるものがいい。

ベストセラー書籍を誕生させてきた凄腕編集長!サンマーク出版 高橋朋宏さんのセミナ...

「突き抜ける」のは「この道」。人と比べてどうこうじゃない。

日々に余白を持つ、フリーランスの働き方。