静岡県のおふろcafe「bijinyu」の不感温浴がとても気持ち良かった。


 

今日はフリーランス仲間と一緒に
静岡にある「おふろcafe」に来ています。

おふろcafe bijinyu
HP:http://ofurocafe-bijinyu.com

この週末は名古屋での仕事と
関西での予定があって慌ただしくて、
それがようやく終わって
ほっとした所に誘われたおふろcafe。

「まなちゃんも良ければどうぞー」

と言ってもらって、

「えー!いきたいーーー!!!」

とすぐにお返事して、
名古屋→静岡に移動してきました。

なんだかとても素敵な空間!

癒され度MAXになりそうな館内に
期待感を煽られつつ、
まずはプランを選ぶところから。

平日のフリータイム的なので
バスタオル・フェイスタオル・
館内着がついてきて1500円しませんでした。

お値段やさしい。好き。

電源にWiFiもあるんだそうです。

フリーランスにやさしい。好き。

(他にもハンモックやら
漫画読めるところやら色々あるんだけど、
その辺の詳しいことはHPを見てみたらいいと思います

さて、そんなわけでまずは
お風呂に入ろうじゃないかってわけで
気付いたら1時間半も(!)
入湯していたんですけども。

(手がふやっふやになった!!)

お風呂の中にあった
「不感温浴」というものが
私、とても気に入っちゃいまして、
時間の半分以上、ここに入ってました。


http://ofurocafe-bijinyu.com/hotsprings

上のキャプチャにある通り(見える?)
37℃のぬるま湯な温泉なんですけども、
これがとても気持ちよくてたまらなくって。

なんかね、揺蕩う感じ。

お湯の中に自分が溶け込むみたいな
そんな感覚があって、
自分とお湯との境界が曖昧で、
だからなんか、
感覚的にとても気持ち良かったです。

 

で、で、で。

お湯に浸かりながら
お湯の中の自分の体を見ていたら、
なんだか不思議な感覚がして、
ふと、人は「境界」によって
自己を認識するんだなぁってことを思いました。

質感とか、温度感とか、
分かんないけど、そういった何か
「違うもの」に接した時。

自分という存在が色濃くなるんだなぁって。

この後に41℃ぐらいの温泉に入ったのですが、
ここではお湯が体温よりも熱くて(当たり前)
その前の不感温浴もあったから余計に
「自分の体との境界」を感じて、
自分の体、形とか、その質感とか、
なんかそんな様なものが感じ取れました。

皮膚がふやっふやにならないんだったら
本当、いつまでも入ってられた気がします。

超リラックス、
ていうか、もう単純に気持ちよくって。

お湯全部が自分みたいな感覚で、
一体感というか安心感みたいな
そんな不思議な感じで
肌感覚的にとても良かった。

これ、お家で37℃にしても
同じ感じにはならないんだろうなぁ・・・。

(多分お湯の循環で起きてる
お湯の流れとか振動とかも作用してるから)

 

凄く気に入ったので、
また機会があったら来たいなぁと思います。

ちなみに本日ご一緒した方々は
以下のフリーランスな皆さまはこちら。

  • ヨハクデザインの
    あっこさん(@ac__co
  • ブランディングプロデューサーの
    なりおさん(@suama_nario
  • ドリンクスタイリストの
    おきゅうさん(@Qhey3110
  • フリーランス秘書の
    わたし、まな(@manalog29

 

お仕事して時間あまったら
もっかい不感温浴したいなぁ。

あまる・・・かな?笑

おふろcafe bijinyu
HP:http://ofurocafe-bijinyu.com

関連記事

自分時間と好きなもの摂取が明日の私の活力をつくる。

人生は、わたしの普通を探す旅。

発信を続けたから、今わたしはここにいる。

できるしやれるのに、できないしやれない。そんな時はただ休む。誰(自分)が何を言っ...

これ可愛い!そんな「確信」あるお洋服に出会えた話。

初めてのワークアウトで超絶筋肉痛になった話。