86年生まれが開催!「見て・触れて・食べてもらえる展示会」

 

つい先日のこと、
板前ぼりさんユキガオさんが企画する

「店を持たない板前×陶芸作家
見て・触れて・食べてもらえる展示会 in Tokyo」

に出掛けてきました。


(オープニング。緊張した面持ちの主催2人
真ん中左がユキガオさん、右が板前ぼりさん)

私がこのイベントを知ったのは、
会が開催される1週間ぐらい前。

「東京会場1席ありますよーーー!」

という、ぼりさんの呼びかけを見て

「天ぷら食べたい!」

と思って、ぼりさんにメッセを飛ばしました。

(余談ですが、以前にもぼりさんのイベントで
やはり天ぷらが食べたくて直前に参加を決めた経緯があります)


そんなわけで、日曜日のお出掛け。

会場は西武新宿線鷺ノ宮駅から
歩いて10分ぐらいの古民家asagoroさん。
⇒東京中野阿佐ヶ谷の築94年古民家シェアスペースasagoro

今回のイベントは
ぼりさんとユキガオさんが行ったクラウドファンディング
リターンとして行われたもので、

私はクラファンは支援してないのだけども
前述の理由で参加したい!と思ったので
当日に参加費をお支払いして、参加させてもらうことに。


(ラスト1席に滑り込みました。直前の瞬発力が高い)


-photo by 夢フォトグラファー荻嶋義章



ユキガオさんが手作りした器と、
ぼりさん(とスタッフさん)が手作りしたお料理を、
各々が好きな器に盛り付けて
美味しく食べよう〜〜〜!という企画。

詳しくはユキガオさんがご自身のブログに、
ぼりさんがクラファンの活動報告記事に書いているので
そっちを見てみてください。

どんなクラウドファンディングだったのかも、
そこを見るとよく分かりまする。


そんなわけで、私も盛り付けてみた!


天ぷら、きんぴら、
ひじきの煮付けに切り干し大根、
出し巻き卵にカツオの叩き、
ご飯にお味噌汁・・・

なにこれ、幸せか。

(普段は外食ばっかなので
こういう家庭料理にとても飢えてる)

っていうか、
お米が美味しすぎ!!!

なんでも、お米ソムリエ?の方が
ひとめぼれ3種をブレンドされたものだそうで、
粒がピンと立ってて
本当に美味しくてたまりませんでした。

もう本当、ご飯が美味しいだけで
全てが許される気がするのってなんでなんだろう・・・。

※お料理はどれも美味しゅうございました。

-photo by 夢フォトグラファー荻嶋義章

この日は初めましての方も多く参加していたので、
THE・人見知りな私はいつものように
知り合い(といっても会うの2回目)の
近くをキープした後、
そこからじわじわ交流を広げていきました。

そんな交流についての所感はこちらから。

 

まぁ端的に言うと年下可愛いよってことなんですけど、
今回主催した板前ぼりさんとユキガオさんは
共に86年生まれの同い年さんです。


同世代の人が
自分のやりたいことの実現に向けて
頑張っている姿って、とても素敵だなって思います。

今回ユキガオさんとは初めましてだったんだけど、
陶芸の楽しさについて語る姿は
とてもキラキラしていたし、

その裏側にはきっと迷いも不安もあるんだろうけど、
それでも尚、前を向いて進んでいくっていう姿が
とてもいいなって思いました。

見てるだけでも癒されるし、ぜひ仲良くしたい。

ちなみに、ぼりさんとは、
今度「アラサー生真面目会議」
ひっそりと開催しようとしています。

最近はプライベートでの
交友関係を広げようと思って、
気になったところには
割とフットワーク軽く出掛けているのだけど、

その度に、色んな人がいるなぁって
多種多様な価値観や生き方を興味深く見ています。

私も大概変なのですが、
いやはや、世の中、変な人だらけだ!笑


(変な人がたくさんすぎて、面白い♡)

▼参加された皆さんのレポート

ぼりさん、ユキガオさんを始め、
企画から準備・撤収まで参加されていた
スタッフの皆さま、当日は本当にお疲れ様でした。

お陰様で美味し楽しい時間でした♡

交流してくれた皆さんも
色々お話させて頂き、ありがとうございましたー!

Related Entry

記事はありませんでした